韓国美容師資格

【資格勉強】メイクアップの起源・機能

M韓国美容師(メイクアップ)を勉強してをしながら韓国語を勉強していましたが、その時の勉強メモも少しずつまとめて行こうかと思います♪
 
 
 

メイクアップの起源及び機能

韓国語では起源は기원、機能は기능と言います。
試験勉強に出てきた韓国語の単語をメモしていくので参考になれれば幸いです。
 
 

メイクアップの起源

メイクアップは6つの起源があると言われています。
装飾説=장식설
体を美しく装飾して他人に見せようとしたり、傷跡などで体の一部を変形させることから来たと言われているのが特徴です。
 
 
 
美化説=미화설
異性誘引(이성 유인),本能(본능)
本能的に異性から関心を持ってもらうために始めたことから来たというのが特徴です。
 
 
 
身体保護説=신체보호살
自然や危険から守るためや敵に恐怖感を与えるために行われたこと、太陽から目を守るため、昆虫から肌を守るために行われた説もあります。
 
 
 
偽装説=위장설
・鳥の羽根や獣の角、色彩を使って身体の一部を着飾ること
・環境や戦闘で威嚇するための手段、周りの環境に合わせて
・周りの環境に合わせて偽装をして身を隠すため
 
 
 
身分表示説=신분표시설
種族や個人の身分、年齢、性別など区別するために行われるとき
 
 
 
宗教説=종교설
呪術的、宗教的な行為として体に色をついけたり香りをつけたりすること

 

 

メイクアップの機能

美化機能:미화기능
顔の欠点(결점)をカバーし、長所(장점)を最大限に伸ばして美しくすること

 
 
 
保護的機能:보호적 기능
外部の有害な物質や紫外線、空気、温度、湿度などほこりからお肌を守ること

 
 
 
心理的機能:심리적 기능
個人の性格や考え方など内面を表現すること

 
 
 
社会的機能:사회적 기능
社会の習慣や礼儀を表現すること

 
 
 
表現創造の機能:표현 창출의 기능
要求するイメージとキャラクターを表現すること
 
 

メイクアップの条件(조건)

一貫性:일관성
一貫のイメージに合わせた統一感
 
 
 

調和:조화
ヘアスタイルや衣装、場所の雰囲気との調和すること

 
 
 
対比:대비
色調や明度、彩度による効果を出すこと

 
 
 
変化:변화
メイクアップを通じてイメージの変化や立体感を与えること

 
 
 
対称:대칭
左右均衡など釣り合いを考慮すること

 
 
 
グラデーション:그러데이션
色の濃さが徐々に薄くなるなど、色調のグラデーションをすること