芸能/音楽

PRODUCE48の第一話で感じた日本と韓国の違い(日本アイドルと韓国アイドルの違い)

日本でも韓国でも話題になっているプロデュース48ですが、見ながらも日本での感じ方や韓国での感じ方に違いがあるんだなと感じる部分もありました。今回は第一話をみて感じた日本と韓国の違いについてまとめてみたいと思います♪
 
 

PRODUCE48 EP.01

100%国民プロデューサーの選択でメンバーが決まるオーディションサバイバル番組♡
第一話ではレベル審査でチーム毎にみんなの前でパフォーマンスをしてトレーナーさん達が技術などをみてクラス分けをしますね。
日本練習生(AKB48)が感じてることや韓国練習生が感じてることをみて考えさせられるな〜と思いました。
 
 
 
 

EP.01ではレベル審査・A〜Fのクラス分け!


EP.01では練習生たちの顔合わせとそれぞれ事務所に分けて、トレーナーさんが見てる中でパフォーマンスをしてA~Fクラスに分けていきますがその場面で感じた日本と韓国の違いについてまとめたいと思います♪
 
 
 

フリースタイルダンスの披露について

プロデュース101や事務所で練習生オーディションを受ける時にはフリースタイルでダンスを披露する場面はよくあることなので、韓国人からしたら普通のことだと思います。そんなフリースタイルダンスをレベル審査で初めて目にした日本練習生(AKB48)達は音楽に合わせて即興で踊る韓国練習生を見て、これがフリースタイルなの!?と驚いていたのが印象的でした。
 
 
日本ではダンスレッスンをちゃんと学んでも、決まったパターンのダンスから外れてしまうとどうすればいいか分からなかったりプレッシャーに負けそうになって踊れないという人が多いのかな?と思いました。
私も小学校からダンスを習ってきましたが、フリースタイルというやり方は韓国に来てか知ったぐらいなので日本ではあまり機会がなく、オーディションでもフリースタイルはさせないようでした。
 
 
韓国ではアイドルになる為にはまず練習生にならなければならないし、練習生に受かる為にオーディションを受けますがそこでも厳しい審査がありますね。厳しい分、基準が一般人からみてもはっきりと分かるところがいいなと思っていました。
 
 
 

日本のダンスや歌の基礎について

AKB48はアイドルになっても基礎を習うというのはなく、自分たち個人が独学などをして練習をしていくというのを聞いて驚きました。
モーニング娘。がいたハロプロではレッスンも厳しく、研修生の中からダンスや歌が上手いだけではなくアイドルとしての素質があればデビューの準備が出来るとう過程をみてたのでAKB48もそんな感じなのかなとこのプロデュース48を見るまでは思っていました。
韓国練習生達を見ながら私は基礎をちゃんと習ってないよね、先輩のやってるのをみて真似る感じだったよねというような話をしていて日本はそういうやり方でもアイドルになれる人が居るんだと感じたのが印象的でした。
 
 
 

日本と韓国の基礎レベルの違い

이흥기(イ・ホンギ)さんが韓国のアイドル文化と日本のアイドル文化の違いについて説明していた場面も印象に残っています。
 
 
韓国練習生の場合は事務所の練習生になったらちゃんとトレーニングを受けることができますね。
どこかの事務所では地方から来る人は寮などで生活する場所も保証して、毎日のように朝から夜まで練習だけするようになると聞きました。
 
 
日本での場合はそいうシステムがなくて、自分で考えてトレーニングをして練習をしますね。
事務所に入っても生活は自分で賄い、レッスンを受けたいならレッスン代も自分で稼ぐ場合が多いように思います。その為、アルバイトなどをしながらアイドル活動を頑張っている人もいますね。
中にはレッスン代や衣装代を出すのが厳しくて、生活するだけで一杯一杯で舞台に立つことを諦めてしまう人もいます。
 
 
日本の場合は地下アイドルやライブ活動など多様な活動場所があるため、場所によっては制限がなくアイドルだけではなく歌手やダンスでも本人がやろうと思えば一度頑張ってみるチャンスがあるように感じます。
その反面、オーディションでも判断する基準が韓国のようにはっきりしていないため、何を頑張ればいいのかわからなくて悩む人も多いかもしれません。
 
 
韓国の場合はアイドルや歌手になる為には、まず練習生にならなきゃいけないという感じがします。その事務所のオーディションでもダンスや歌、演技などの技術に基礎がちゃんとなっているかをしっかりと見ていると気がするので、ダンスや歌の基礎をしっかりしなきゃと練習を組み立てやすくなります。韓国ではダンススクールなどでもオーディションクラスなどがあるほどですね。
オーディションには年齢制限もある為、目標の期間がありしっかりと頑張れるうように思えます。
その反面、練習生になってからデビューするまでの道のりも遠い上にレベル審査も厳しいイメージがあります。ちゃんとしたトレーニングも受けれますが、少しでも上手くできないと厳しい言葉をかけられたりするので精神的に強くならないと厳しいようにも感じます。
 
 
 

アイドルの基準って?

HKT48のチームがレベル審査をした時に배윤정(ぺ・ユンジョン)さんが日本でAKB48アイドルになる為にオーディション受けたよね?その時はダンスと歌を見せたそうだけど、何をみて選ぶの?と聞いていた場面がありましたね。
 
 
韓国ではダンスやボーカルの基本技術は当たり前で、その上で愛嬌やエネルギーがあるか見て判断するので배윤정(ぺ・ユンジョン)さんにとって不思議だったと思います。
 
 
日本ではどんなにダンスが上手いのかとかではなくて、愛嬌や可愛さなどファンをどれだけ幸せにしてあげられるかというものを基準にしていると言っていました。
 
 
人それぞれなのでよく分かりませんが、アイドルを英語ではidolと書きますね。
idolという単語の第一義的な意味は偶像を意味します。これは神仏をかたどった造形物であり、祈りを捧げたりする際に信仰の対象の代理として使われていました。
 
 
韓国と日本でのアイドルという存在の捉え方が違ったりしていて、ただ楽しむだけではなく色々考えながらみる番組でもあるかもしれないと思いました。