パワーストーン

パワーストーンとは?

パワーストーン(天然石/찬연 원석)

パワーストーン(天然石/찬연 원석)とは?

ある特殊な力が宿っていると思われる石をパワーストーンといいます。
真珠やサンゴ、カボチャなどの厳密には石ではないものも含まれます。

このパワーストーンという言葉は、日本でしか使われていない和製英語です。英語では決定を意味する「Crystal」や宝石を意味する「Gemstone」という表現が使われ、韓国では「原石(원석)」「天然原石(찬연 원석)」といいます。

もともとパワーストーンのような言葉は古くは存在しませんでしたが、今日日本で知られているパワーストーンは古代人にも宝石やお守りなどに加工され、何らかの力があると信じられて愛されてきました。

現代でも「お守りが期待できる洗練されたアクセサリー」として愛されています。
自信の悩みへのお守りや大切な人へ意味を込めたプレゼントなど特別なファッションアイテムとなっています。

パワーストーンと天然石に対する世界の認識も変わり、街を歩いていると天然石で作られたブレスレットとネックレスを着用した人が多く見られます。

カラーはパワーストーンを選ぶ時にとても重要な役割を果たします。 宝石の色は鉱物の特性、結晶構造および構成によって異なり、光が宝石に浸透すると透過および反射波長の科学的現象が発生します。

つまり、光は「波動、振動」=波動であるため、石の色エネルギーもチャクラとしての色と密接な関連があります。色は私たちの意識、精神状態、さらに無意識の心理的側面に大きな影響を及ぼします。 一番簡単な方法で美しい花を見ると、家に来たような気がして気持ちがよくなることが分かります。 この数え切れないほど多くの色は自分の仕事、愛、家族、日常と密接な関連があり、自分の境遇を再び振り返るきっかけにもなります。

すべての色は潜在意識に良い信号または悪い信号を送りますので、時々内面の平和の声に耳を傾けてください。 これまで知らなかった自分を振り返ることが重要だと思います。 長く愛用するコンフォートアイテムを着用したり、日常生活で活用したりすることで心身のバランスを保つのはもちろん、心の安定、心の安定などの安定効果が得られます。

パワーストーンの力

見えない効果があるそうです。 その力は古代から東洋で知られてきました。 この「宝石」の強力な力は古代インドの医学書「Ayurveda」と古代中国の薬草「XinnongbenJingjing」に記録されています。

20世紀に西洋科学の普遍的な傾向がアジアに導入され、人々は見えることだけを信じ始め、「荒れた石」の力は迷信、迷信を同一視し次第に忘れ去られた。 しかし一方で現代科学文明社会は人間本性の霊性と自制を無視する世の中になり世の中は残忍になりました。

代替できないお守り、治癒の道具として数万年間、人をもう一度広闊で豊かな心の世界に導く多くの石。 そして直観力と自制力、そしてこれまで発揮してきた力、パワーストーンが再び目覚める機会を待っています。

一言で言って石の力と言えるが、この力は大きく次の3つに分けられる。

宝石の力

強力な”エネルギー”があふれる水晶蟹の水晶世界の石、
これが石材そのものの原初的な力だ。
これは前述のようなエネルギーといえる。

模様の力

カットの特別な形に力があるという事実は、東洋と西洋を問わずよく知られている事実だ。
例えば、無重力水、六角雪、宝石は加工される形によって大きな力を発揮します。

シャクラの力

チャクラは脊椎に沿って線でつながった7つの霊的エネルギー地点です。
眠りの力を発揮できるといいます。