韓国美容師資格

【韓国美容師勉強】メイクアップの定義や目的

韓国美容師(メイクアップ)を勉強してをしながら韓国語を勉強していましたが、その時の勉強メモも少しずつまとめて行こうかと思います♪
 

 

 

メイクアップの定義と目的

韓国語では定義は저의、目的は목적と言います。
試験勉強に出てきた韓国語の単語をメモしていくので参考になれれば幸いです。
 
 
 

メイクアップの定義と意味

辞典ではメイクアップは制作する・補完する・完成させるという意味を持ちます
制作する=제작하다
補完する=보완하다
完成させる=완정하게 하다
 

 

 

美的価値を追求する行為
미적 가치를 추구 행위
 

 

 

また韓国では化粧という言葉の他に淡粧、濃粧、艶粧などという言葉もあるそうです。
化粧=화장
淡粧=담장
濃粧=농장
艶粧=염장
 

 

 

英語ではPainting,Toilet
フランス語ではMaquillage
 

 

 

16世紀にシェイクピアによってPainting用語が導入され、17世紀の初めにリチャードクレシュがメイクアップ用語を使ったのが始まりだと言われています。
 

 

 
 

 

 

メイクアップの目的

物理的目的:물리적 목적
顔の短所(단점)をカバーし、長所(장점)を活かします

 

 

 
美化の目的:미화의 목적
基本的な美化達成、美化欲求を追求していくこと

 

 

 
保護の目的:보호의 목적
外部の環境から守るため(紫外線や温度変化、大気汚染など)
 

 

 

心理的目的:심리적 목적
性格や考え方、価値観の表現など個人1人のイメージを表現すること
正しい自我形成もここに含まれるそうです

 

 

 
社会的目的:사회적 목적
社会的習慣、医者伝達、礼儀表現や、身分や職業などを表すとき